第11回年次大会開催のお知らせ

2019年9月1日(日)13:00~18:10

於日本大学芸術学部江古田校舎 西棟 W-303 教室

西武池袋線 江古田駅北口下車2分。池袋方面に向かって直ぐです。

*交通アクセス   http://www.art.nihon-u.ac.jp/access/

*キャンパス地図 http://www.art.nihon-u.ac.jp/facility/campus/

研究発表とシンポジウムが行われます。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

<プログラム>

〇 開会の辞 13:00

欧米言語文化学会会長 小林 英美

〇 研究発表  13:05~13:50

司会 日本女子体育大学教授 加賀 岳彦

「クリスティナ・ロセッティの抒情詩にみる仮定法の機能」

埼玉工業大学非常勤講師 藤田 晃代

〇 シンポジウム 13:50~17:40

司会 前日本オーウェル協会会長 大石 健太郎

連続シンポジウム「英米文学・文化と人種・民族の問題Ⅰ」

Oliver Twist ―反ユダヤ主義とフェイギン」

発題者1 甲南大学非常勤講師 吉田 一穂

「イギリスの民族及びその階級社会について―ジョージ・オーウェルを元に考察する」

発題者2 前日本オーウェル協会会長 大石 健太郎

― 休 憩 ―

「作者オーガスト・ウィルソンと作中人物マ・レーニーとの距離感:

 アフリカン・アメリカンのアメリカでの立ち位置に関して」

発題者3 駒澤大学非常勤講師 伊勢村 定雄

「歴史と民族意識が招いた韓国の英語事情―日本人英語からの脱却」

発題者4 東京電機大学総合研究所研究員 伊藤 由起子

〇 総   会 17:40~18:10

司会  例大会運営委員長 上滝 圭介

  • 本部活動報告 例大会運営委員長 上滝 圭介
  • 関西支部活動報告  例大会運営委員・関西支部幹事補佐 吉田 一穂
  • 会計報告 会計局長 直原 典子

〇 閉会の辞 18:10

顧問 植月 惠一郎

〇 懇 親 会 18:30~20:30  

研究発表要旨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中