第12回年次大会のお知らせ

通常は「例会」としている3月の集まりですが、大会として開催いたします。

2021年3月7日(日)13:00〜17:20

Zoomを使ったリモート開催となります。開催日までに会員MLでミーティング情報をおしらせします。ML未登録の会員は別途お問い合わせください。 

<プログラム> 

〇 開会の辞(13:00~13:05)

欧米言語文化学会会長 小林 英美

〇 研究発表(13:05〜16:10)

ホーソーン作品にみる楽園の崩壊 ー『ブライズデイル・ロマンス』と『大理石の牧神』を中心にー

東京工芸大学非常勤講師  大野 里枝

          司会 専修大学教授 中垣 恒太郎

フランソワ・ジェラール《ダフニスとクロエ》(1825年)について

日本大学非常勤講師 安室 加奈子

司会 日本大学教授 植月 惠一郎

~ ~ 休  憩 ~ ~

“I washed my face and hands”―『ピグマリオン』における〈視線〉

近畿大学非常勤講師 松本 望希

司会 京都外国語専門学校非常勤講師 小林 佳寿

3項動詞provideの構造パタンにおける意味の差異ついて

                       東洋大学大学院生 今 佑介

司会 文教大学准教授 野村 忠央

~ ~ 休  憩 ~ ~

〇 講  演(16:15~17:00)

図書館から拡張する読者ネットワーク~19世紀ノッティンガム

         茨城大学教授 小林 英美

司会 早稲田大学非常勤講師 藤原 雅子

〇 総  会(17:00~17:15)

〇 閉会の辞(17:15~17:20)          

欧米言語文化学会副会長 野村 忠央

発表・講演要旨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中