関西支部第33回例会のおしらせ

Zoomを使ったオンライン開催となります。

9月18日(土) 14 : 00~17 : 00    

総合司会:例大会運営委員長 上滝 圭介

〇開会の辞 (14 : 00~14 : 05)                関西支部長 遠藤 徹                            

〇関西支部フォーラム「人種・民族」(14 : 05~16 : 55)

司会:遠藤 徹 

<前半>

『自由を求めた千マイルの逃走』と人種/階級/ジェンダーへの問い

京都女子大学准教授 中村 善雄

ジョン・スタインベックの作品から人種および民族に関するテーマに切り込む

                         新見公立大学教授 山内 圭

「植物する」(plant doing)ということ:ジョン・ウィンダム『トリフィドの日』を読む

同志社大学教授 遠藤 徹 

∞∞休憩(10分)∞∞

<後半>

19世紀アメリカ文学にみる黒人奴隷法とその源流

(ゲスト)同志社大学大学院司法研究科教授 深谷 格

牧師・マーティン・ルーサー・キング二世の「正義・平和・自由」についての一考察

(ゲスト)日本キリスト教団室町教会牧師 浅野 献一

イギリスの19世紀後半に見られるユダヤ人への理解

(コメンテイター)甲南大学非常勤講師 吉田 一穂

☆Time for Questions and Discussion☆

〇閉会の辞(16 : 55~17 : 00)

                          関西支部幹事 江藤あさじ

シンポジウム要旨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中